蘇ったちゃちゃ

早いもので今日はちゃちゃの初七日。
でも、ちゃちゃのいない事に、まだ実感が沸きません。
どこかから、ちょこちょこと現れそうな気がして、
部屋の中を目で追ってしまいます。

そんな気持ちでいる私に、モモちゃんのママと娘さんが
とびっきりのプレゼントを胸に抱いてサプライズ訪問。

h33.jpg
まさしく、小さい頃のちゃちゃそっくりの
羊毛フェルトで作ったメモリアルドールです(感涙)
ちょっと、見上げて、お行儀よくお座りしてる姿は、ちゃちゃそのもの。
よくこんな感じで、私の家事が終わるのを待っていたおりこうさんでした。

モモちゃんはビーグル犬で2012年の2月に膀胱がんで15才で虹の橋へ。
その時、一晩で娘さんが一心不乱にモモちゃんに生き写しの
メモリアルドールを作成したそうです。
そのモモちゃんのメモリアルドールのお陰で、悲しみから立ち直れたので、
私にもと、娘さんが心をこめて、初七日までに頑張って作成。

なんてお礼を言っていいのか、よくわかりません。
ちゃちゃが、すぐそばにいる喜びを感じます。
ホントにありがとうございます。一生大切にします。

スポンサーサイト


テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://chacha0721rinrin0824.blog10.fc2.com/tb.php/1521-b6d30023